menu

半年で-15kg痩せたアラサー女性が薦める糖質制限ダイエット

体重73㎏ 体脂肪38%超の肥満になってしまった原因とは?

前回の記事で、太ってしまった原因を自分なりに分析をしましょう!ということをお伝えしました。

私は今まで大きな病気一つせず、有難いことにいたって健康で今日まで生きています。
生まれつきの先天性の病気があったわけでもなく、肥満のDNAを持っていたというわけではありません。
(※生まれつき病気のある方を否定している訳ではないので、ご理解下さい)

いたって標準体型だった私が、体重73㎏ 体脂肪38%超になるまでには、何かしらの原因があます。

その原因は前回も書きました通り、一言で言えば“食べ過ぎ”でした。

 

では「どうして食べ過ぎてしまったの?」と自問自答していくことが大切です。

私の場合はどうであったか、振り返って考えてみたいと思います。

 

私には二人の子供がいます。
出産経験のある女性であれば、子供を産んで体型が崩れてしまったというご経験をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんね。

私が体重を大幅に増やしてしまったのは、1人目の子供を出産してからです。

子供を妊娠・出産するにあたり体型がふくよかになっていくことはいたしかたありません。
妊娠中は医師の指導を受けない限り、激しい運動は出来ませんし、行えてもマタニティーヨガやマタニティピラティス、マタニティスイミングといったところでしょう。

妊娠前は私は週2ペースでジムに通っていて加圧トレーニングなども取り入れ、運動は積極的に行っていました。
それも妊娠をきっかけに全て一時、中断。

妊娠中もウォーキングをするなど、工夫はしていました。
しかしながら身重で動き回るのも限界がありますし、1日の運動量としては通常時(妊娠期以外)よりも減っていることは明らかでした。

つわりで体調が悪く寝たきりの日もあったりで、とにかく妊娠をきっかけに色んなことが自分ではコントロール出来なくなっていまたね。

 

また妊娠中には味覚なども変化があり、一時は甘い食べ物、特に生クリームばかりを口にしてた時もあります。むしろ、それしか食べれない。
一人目のマタニティ期は初めての経験で、出産への不安もあり、今思うと精神的ストレスから甘いものに走っていたのかもしれません。

それはマタニティ期だけにとどまらず、産後にも続きました。

初めての妊娠・出産で右も左もわからず、赤ちゃんが何故泣いているのかもよく分からない。
新生児の頃は30分おきに起こされ、毎日が寝不足でフラフラ。
真冬だったため、外出もできずに自宅に赤ちゃんと引きこもりな生活。

子供が生まれ嬉しいことも勿論たくさんありますが、当時は余裕がなさすぎて、ストレス解消の全てが、私にとって「食」となっていました。

 

どんなに甘いものを食べても、乳腺炎にならない体質だった私は、とにかく甘いものを食べることよって、お腹と心を満たすようになっていたのです。

夜中に何度も赤ちゃんのお世話で起きるで、その度に甘い飲み物を口にしたり、ホットミルクを飲むなどもしていましたね。

授乳中は赤ちゃんに栄養を取られ、太らないと言われますが、確かにそう実感する部分もありました。しかしそれ以上に、私は食べてしまっていたのです。

 

また、私は完母(完全母乳)ではなく、粉ミルクも併用の混合型で子育てをしていたので、完母のママさんより体重の減りはなだらかであったと思います。

しかし混合で赤ちゃんを育てるお母さん、完ミ(母乳なしの完全ミルク)の世の中のお母さん全てが、産後に劇太りするかというとそうではありませんよね?

多少時間がかかっても適切な食生活と運動で、皆さん元の体型に戻される努力をなさっています。

私は子育てを言い訳に、ダラダラ食べてしまうことをやめるとことが出来なかっただけです。

太った原因はそれに尽きます。

 

ダイエットとは食生活の見直し・改善・継続です。
体型を維持を維持していきたいのなら、継続は必須なんです。

2ヶ月で完結型の高級プライベートジム、最近話題の某プライベートジムに通い減量に成功したとしても、プログラム終了後も継続することが出来なければ確実に元に戻ります。つまりリバウンドですね。

ここの部分がしっかりわかっていないと、世の中にごまんと溢れるダイエットビジネスに踊らされ、また次の新たなダイエット法に飛びついてしまうことでしょう。

 

もう一度言います!

ダイエットは継続するものなのです。
ゆえに継続できるダイエットでないといけないのです。

 

私が実践、推奨するダイエットは、最近色々なダイエットプログラムでも教え込まれる糖質制限です。

糖質制限に関して私の体験で得たものを詳しく書いていきますので、これからも記事を読んでいただけると嬉しいですし、あなたにとって最後のダイエットにして頂きたいと心から願っております。

太ってしまった自覚があるのであれば、原因はなんであったか?
原因がどこにあるのか?

ダイエットをスタートさせる前に、是非、一度あなたも考えてくださいね!

 


糖質制限ダイエット ブログランキングへ

関連記事

糖質の吸収を抑えるサプリメント

テレビでも話題になったよ!低糖質スイーツ


自宅でできるライザップ 食事編

自宅でできるライザップ 運動編